かやのブログ
黒髪眼鏡男子が好きなオタクの日常
【描いた絵とか】

イラストに透明感と立体感を出す方法

参考動画

透明感と立体感のあるイラストを描くためには

透明感とは薄い色、立体感とは濃い影である

この二つは相反する条件です

では、この二つが成立する解決策とはなんでしょうか

補助色に近くて、明度が高い色を陰に使用する

動画内では黄色がメインのイラストに、補色に近い青色で影を入れています

黄色の実際の補色は紫ですが、真逆の補色を使用するとキツイ印象になるそうです

黒を使わない

黒は透明感としては強すぎる色です

線を一番影が濃くなっている部分と解釈します

上記のイラストでは、陰に青を使用しているため

今回は一番濃い影は青になると考えます

(メインで使われている色とは補色が陰になる)

透明感を更に出すには光を描く

光に溶け込んでいる表現であれば

絵の切れ目はバッサリ切らない方がよいです

また、髪の艶を多めに描きます

顔のアップの場合は目の密度をあげることが大切です

目の中にも反射光を追加しましょう

その他

魅せばが少ない場合は書き込みを増やしていきましょう

書き込みを増やすとは、質感を書き込むことを言います

よくディティールをあげるともいわれます

風は髪や服のなびきのほか、光でも表現できます

線は後書きでも問題ありません

瞳孔は黒目の中心もしくは、ちょっと内側に描くと自然になります

上記を踏まえてレッツお絵描き

使用ツール

CLIP STUDIO PAINT EX

コンセプト

  • 透明感
  • ラインは縦
  • 魅せばの限られた顔のアップ

シェイプ

ざっくりイメージを固めます

イメージに沿った資料を基に綺麗にします

今回使用した自撮りの一部
見えないところも描くためにキャンバスを広げる

下書き

太いペンでざっくり描きます

線画

線画を描きます

ベクターレイヤーを使用

色塗り

シェイプがいい感じに見えるところを切りとします

人物と背景を塗りつぶして、当初予定してた構図を基に、シェイプがいい感じに見えるところを切り取る

薄く色を置きます

薄く色を置き

全体を青でまとめます

青のオーバーレイを使用

ここからが今回の課題

透明感を落とさずに立体感を出す

線画の色を変更後、補色対比を意識しながら影を塗ります

今回はメイン【青】影【黄】を意識

ディティールを上げることを意識しながら、描き込みます

線画の上からごりごり描く

髪のハイライトを多めに入れることを意識します

髪ハイライトを多めに入れる

目に反射光を入れ、レンズ感を出すために上を暗くします

目に反射光を入れ、レンズ感を出すために上を暗くする

光の当たる人物の縁を、白で飛ばします

光の当たる縁を白で飛ばす

瓶を描き込みます

瓶の描き込みはちゃんと手本見た方がいい(今回は見てない)

パーティクルを追加します

パーティクルを追加

完成

まとめ

透明感を損なわず、立体感を出すには
  • 全体を薄い色で塗りましょう
  • 陰には薄い補色を使いましょう
  • ※真逆の色を使うと強くなりすぎるので注意
  • 黒い線は使わないようにしましょう
  • 髪の艶を多めに、目の中にも反射光を入れましょう

補色対比を使えば絵が華やかになる!!

あくまでも個人の練習ノートです

得られる学びは人それぞれなので

是非実際の動画をご覧になってください

ABOUT ME
かやの
二黒髪眼鏡男子好きによる黒髪男子好きのための黒髪眼鏡男子情報サイトです。 アニメゲーム漫画小説同人から商業まで幅広く情報収取しています。